熱を与えて髪の毛をとかそう

急いで温度を下げよう

冷風を当てて完了

ドライヤーの温風を当てているうちに、髪の毛が乾きます。
全体がしっかりと乾いたら、ドライヤーの温度を下げてください。
冷風にして、髪の毛をまっすぐに伸ばしましょう。
この時はブラシを使っても良いですし、指で伸ばしても構いません。
ただ指で軽く髪の毛を押しながら伸ばすと、より大きな効果を得られます。

冷風を使うと癖がしっかりと伸びた状態で固まり、ストレートヘアを1日中キープできます。
そのため、冷風が出るドライヤーを用意してください。
またストレートヘアにしたいけれど、髪の毛のダメージが気になる人は、マイナスイオンが出るドライヤーがおすすめです。
するとマイナスイオンが髪の毛の内部に潤いを与え、ダメージを緩和します。

水の代わりにヘアオイルを使う

最初の髪の毛を濡らす段階で、ヘアオイルを使っても良いでしょう。
ヘアオイルは、ドラッグストアなどで購入できます。
こちらなら髪の毛を伸ばしやすくする効果の他に、髪の毛のダメージを修復したり、熱から髪の毛を守ったり、ストレートヘアを維持しやすくする効果を発揮できます。
様々なメーカーからヘアオイルが販売されており、予算を考慮しながら選んでください。

安くても、効果を発揮できる製品があります。
ですから、いきなり高い製品を買う必要はありません。
最初は安価で、買いやすいヘアオイルから試してください。
また製品ごとに、香りも変わります。
効果が大きくても香りが気に入らないと、使うのが億劫になるでしょう。
そこで、香りも妥協せずに選ぶことをおすすめします。


シェア
TOPへ戻る