熱を与えて髪の毛をとかそう

癖毛が気になっている人向け

最初に髪の毛を濡らす

風になびくサラサラとしたストレートヘアに、憧れを抱いている人が多いでしょう。
髪に毛の癖がひどい人は、自分には無理だと諦めているかもしれませんね。
しかし、まだ諦めるには早すぎます。
ドライヤーでスタイリングをすると、綺麗なストレートヘアに生まれ変われます。
ちなみにヘアアイロンも使わないので、新しく買う必要はありません。
出費を最低限に抑えつつ、悩みを解決しましょう。

ストレートヘアにするには、最初に髪の毛を濡らします。
しかしシャンプーの時のように、シャワーでしっかりと濡らさなくても結構です。
霧吹きで、軽く髪の毛全体を濡らす意識を持ってください。
ちなみに霧吹きは100円ショップで買えますし、水は水道水を活用できます。

ロールブラシという道具

髪の毛全体が湿ったら、いよいよドライヤーの温風を当ててスタイリングをしていきます。
この時は、ロールブラシを使ってください。
ロールブラシとは円柱状になっており、全体にコームが付いているブラシのことです。
そして髪の毛をとかしながら、上から下に向かって温風を当てましょう。
これは、キューティクルに逆らわないようにするためです。

髪の毛には、キューティクルという組織があります。
キューティクルは非常にデリケートで、些細な刺激で剥がれてしまうと忘れないでください。
ドライヤーでもキューティクルが剥がれることがあり、キューティクルに沿うように風を当てるのが正しい方法です。
これを繰り返すと、綺麗なストレートヘアになるでしょう。


シェア
TOPへ戻る