見過ごしやすいシンク下のお手入れ方法

>

シンク下の清掃がしやすい収納方法

折角収納品を出してしまうなら

シンク下を清掃する際、中に収納していたものを全部取り出すのですから、色々対策を講じてみましょう。
例えば、敷くだけで汚れ防止や防虫効果のあるシートなどを敷いたり、防虫剤を設置しておきましょう。
また、湿気を防ぐための珪藻土スティックなども置いておくとさらに安心ですよ。
100円ショップでも手軽に調達できます。
収納物を元に戻す準備が整ったら、次は取り出しやすさをUPするためのスペース作りです。
引き出し式の場合は、取り出しやすく、ボックスなどで小分けに仕切ると便利です。
開き戸式の場合は、ラックなどを置いて、高さを有効活用するとスッキリします。
また、扉の裏側も、タオル掛けを設置して、ゴミ袋をかけて置いたり、鍋豚収納ポジションにすれば、デッドスペースも有効活用できます。

丸洗い出来て便利な素材

引き出し式のシンク下収納の場合、平積みにしてしまうと、いざという時に使いたいフライパンが出し辛い、なんてことも。
引き出し自体も深さがあるので、縦型に収納していくと取り出しやすく、見た目もスッキリします。
100円ショップのファイルケースは、引き出しにすっぽり入って、上から出し入れできるので便利です。
サイズ(幅)も様々なので、収納する物のサイズに合わせて選ぶと、無駄なくスッキリ並べることができます。
素材も、プラスチックなど、水やお湯で丸洗いできる素材の物を選べば、汚れたりカビが出てしまっても、洗ったり、漂白剤に漬けることもできますから、お掃除もらくちんです。
開き戸式のシンク下収納でも、ラックを置いて、さらにファイルケースで細かく分けると、使いやすさがアップするかもしれませんよ。


TOPへ戻る