見過ごしやすいシンク下のお手入れ方法

>

衛生面に注目した清掃を

収納しているものは一度全部出しましょう

シンク下の清掃は、一度収納物を外に出して、中の状態を確認する必要があります。
ちょっと移動させるだけでは、しっかりとカビなど、臭気の原因が取り除けない可能性があります。
引き出し式の場合は、引き出しごと、いったん取り外した方が確実です。
シンク下収納の床面、配管が全て見える状態にしたら、配管の継ぎ目、床との継ぎ目に水が溜まっていたりしないかを確認します。
もしかしたら、ひび割れなどが起こっているようなこともありますので、光源が得られない場合は、懐中電灯を使うなどして、しっかりと確認します。
もし、水漏れなどがある場合は、配管工事業者に修理を依頼する必要があるかもしれません。
問題が無い様であれば、清掃作業です。

汚れをふき取り消毒を

アルコールを含む除菌スプレーなどを使って、カビや汚れをしっかりとふき取ります。
排水管が結露を起こし、カビが発生している可能性があるので、チェックしながら細部にも目を光らせましょう。
なかなかふき取れない頑固なカビには、重曹とクエン酸の合わせ技を試してみても良いかもしれません。
100mlのぬるま湯にクエン酸小さじ1/2を溶かしたクエン酸水を、シンク全体に振りかけた重曹の上から、スプレーなどで吹き付けます。
すると、炭酸ガスが発生し、カビを浮き上がらせてくれます。
しばらく置いたら、水にぬらした布でふき取り、その後、乾いた布で水分をふき取ります。
そして、完全に乾燥させるため、しばらくの間、扉を開放したままにして置きます。
完全に乾燥したら、出したものを元に戻します。
この時、次に掃除がしやすい様に、収納に工夫しておくと良いでしょう。


TOPへ戻る